厳選比較!ローヤルゼリーWEB

メインイメージ

生のローヤルゼリーとは?

今健康志向が高まっていることで、いろんな健康食品が発売されるようになりました。
その多くは自然の力から生み出された、神秘的な栄養素が多く含まれています。
そのため、積極的に摂取したい半面、いかに自然の状態を保ちながら商品化するのかがとても難しいといえます。

そんな健康食品の一つに、ローヤルゼリーがあげられます。
ローヤルゼリーは、多くの人に認知されるほど有名な成分の一つになりました。
働き蜂の咽頭腺から分泌して作られた成分で、女王蜂しか食べることができない成分です。

女王蜂も働き蜂も最初は同じ卵で生まれます。
最初の3日間は同じローヤルゼリーを食べて成長しますが、4日目以降食べることができるのは女王蜂のみです。
生涯食べ続けた女王蜂は働き蜂よりも2倍の体長に成長し、寿命も30倍生きるといわれています。

もとと同じ卵でも食べるものが違うだけで、これだけ生命に大きな違いを与えます。
その栄養素に注目され、サプリメントとして販売されるようになりました。
サプリメントというと、カプセルタイプや糖衣錠のものなど持ち運びできるものが思い浮かびます。

しかし、ローヤルゼリーの栄養素をいちばん吸収できる方法といえば、生のタイプです。
生タイプは、女王蜂の部屋である王台という場所に運ばれてきます。
そのローヤルゼリーを抽出して商品化されたものです。

なので天然のローヤルゼリーそのものになります。
そのほかの商品は、熱処理されて粉末状になったものやソフトカプセルに入れて持ち運びできるように加工されたものになります。
手が加えられている分、本来のローヤルゼリーの栄養素を十分摂取することができなくなってしまっています。

なので、ローヤルゼリーの本来の栄養素を確保するためには、生のタイプを選ぶのが一番です。
ただし生ものなため、取扱いにいくつかの注意点があります。
保存は必ず冷蔵庫か冷凍庫で保管しなければ、品質を落としてしまいます。

そして摂取するときには、金属のスプーンは避けて、プラスチックか木製のもので清潔な状態のものを使用しましょう。
金属はローヤルゼリーを酸化させてしまうので避けましょう。
取り扱いは慎重に行わなければいけませんが、その分ローヤルゼリー本来の栄養素をしっかり得ることができます。