厳選比較!ローヤルゼリーWEB

メインイメージ

飲みやすい子供用ローヤルゼリー

ローヤルゼリーは、私たちの健康づくりに高い効果を発揮する健康食品です。そんなローヤルゼリーを子供に飲みやすいように製品化されたローヤルゼリーが販売されています。
そこで、ローヤルゼリーを我が子に飲ませたいと考えている人のために、ローヤルゼリーの子供への効果や飲むときの注意点について、解説します。

ローヤルゼリーの子供への効果

心や体の疲れを感じている子供は多く、6~7割の中学生や高校生が「忙しい」と感じているという調査結果があります。(2013年 ベネッセ教育総合研究所「放課後の生活時間調査」より> ローヤルゼリーには、子供の成長に役立つ成分が多く含まれ、栄養補給や成長促進、免疫力の向上、自律神経を整える効果があります。

栄養補給・成長促進

ローヤルゼリーには、成長ホルモンに似た働きをする「類パロチン」が含まれています。この類パロチンは全身の細胞の入れ替わりを促す働きがあるので、子供の成長を助けてくれます。
また、身体に必要な三大栄養素であるタンパク質、糖質、脂質をはじめ、健康に不可欠な必須アミノ酸やビタミン、ミネラルなど、成長期の子供に必要な栄養素が豊富に含まれています。さらに、ローヤルゼリーに含まれる「デセン酸」や「コリン」は脳や神経に働きかけて集中力や学習能力の向上にも効果を発揮します。ローヤルゼリーに含まれるビタミンB2には成長促進効果があり、細胞の生まれかわりを助けて丈夫な骨や歯、髪の毛などの成長をサポートしてくれます。

免疫力の向上

子供は大人よりも免疫力やウィルスに対する抵抗力が弱く、感染症にかかりやすいことが特徴です。
ローヤルゼリーには、強い抗酸化作用の働きがあるデセン酸や「ロイヤリシン」が含まれています。免疫機能がまだ十分には育っていない子供や虚弱体質の子供にも効果を発揮します。風邪を引きやすい、体がだるいといった子供にはローヤルゼリーを摂取することで免疫力が向上し、病気にかかりにくい体へと変えてくれるのです。

自律神経を整える効果

ローヤルゼリーには、自律神経を整える働きがあります。自律神経は、日中活動をしているときに働く交感神経と、リラックスしているときに働く副交感神経のバランスを保つことで身体の調子を整えています。
思春期は、子供から大人へと体や心が変化し、心身のバランスが崩れやすい年代です。感受性の強い思春期の子供は勉強や友人関係などでストレスを抱えやすく、自律神経のバランスが崩れやすくなっています。その結果、体のだるさや朝起きられなくなることがよくあります。
ローヤルゼリーに含まれる神経伝達物質の一つ「コリン」は、副交感神経の働きを高める働きがあります。ローヤルゼリーを摂取することでイライラや不眠などの精神的なトラブルが軽減され、ストレスに強く、リラックスしやすい体を作ってくれるのです。

飲みやすい子供用ローヤルゼリー

ローヤルゼリーははちみつのような甘さはなく、発酵したような独特の酸味と苦さ、ピリッとした刺激があります。この独特の風味が苦手で飲めない人もいます。そんなローヤルゼリーを子供でも飲みやすいように味を調整した製品が子供用ローヤルゼリーです。
糖などを使って、飲みやすい味に変えてある商品や、小粒のサプリメントにしてある商品など、子供にとって飲みやすい商品を選んであげましょう。

子供が飲むときの注意点

子供がローヤルゼリーを飲むときには、年齢や摂取量、アレルギーなどへの注意が必要です。

6歳以下の子供には与えない

1歳未満の乳幼児にはローヤルゼリーの摂取は禁止されています。1歳未満の乳児はもちろん、6歳以下の幼児にも与えないでください。ローヤルゼリーにはボツリヌス菌が混じっている可能性があるからです。抵抗力や腸内細菌が未熟な乳幼児の場合は「乳児ボツリヌス症」への感染リスクがあります。乳児ボツリヌス症は全身の筋力の低下や麻痺を引き起こし、悪化すると呼吸不全になる危険な病気です。

子供の摂取量は大人の半分以下

子供にローヤルゼリーを摂取させる場合、摂取量に注意する必要があります。日本健康・栄養食品協会(健康食品メーカーが設立した財団法人)では、大人のローヤルゼリーの1日の摂取量を500mg~3000mgと定めています。18歳未満の子供の場合は最高でも1日の適量は500mg以下で、体重や体質により適量は違います。子供に与える場合は少量から始め、様子をみながら量を調節するとよいでしょう。
なお、子供用ローヤルゼリーを摂取する際には、説明書に年齢や体重別に摂取量の目安が明記されているので、確認してください。

アレルギーに注意

ローヤルゼリーには多くのタンパク質が含まれていますが、他の食品と同じように、アレルギーを引き起こす可能性があります。食物アレルギーは年齢が低いほど起きやすいので、ローヤルゼリーの摂取には注意が必要です。特に、喘息やアレルギー体質の子供にはおすすめできません。心配な方は、かかりつけの医師に相談した方がよいでしょう。また、少量から始め、少しずつ摂取量を増やしていくことも大切です。

ハチに刺されたことがある子供は注意が必要

ローヤルゼリーには蜂の毒と同じ成分が含まれていることがあります。蜂に刺された経験がなければ心配ありませんが、蜂に刺されたことがある子供は、ローヤルゼリーを食べることでアレルギー反応が出ることがあります。

カプセルや錠剤に注意

ローヤルゼリーには、錠剤やカプセルタイプの製品が多くあります。子供が摂取するときには、喉に詰まらせないように注意することが大切です。子供によっては錠剤やカプセルを飲むのが苦手な子がいます。小粒タイプの錠剤であれば、安心して飲むことができます。

まとめ

ローヤルゼリーには多くの栄養素がバランスよく含まれ、育ち盛りの子供に欠かせないアミノ酸も豊富に含まれています。大人だけではなく、子供にとっても最適な健康食品の一つです。ローヤルゼリーを子供に与える際には、子供にとって飲みやすい商品を選んであげましょう。
子供がローヤルゼリーを摂取することにより、子供の成長に必要な栄養が補給され、集中力や学習能力の向上につながります。ただし、6歳以下の子供やアレルギー体質の子供には与えない方がよいでしょう。摂取量や飲み方に注意をすることも大切です。