厳選比較!ローヤルゼリーWEB

メインイメージ

ローヤルゼリーに摂り過ぎはない?

40種類以上もの栄養素が含まれるローヤルゼリー。美容や健康の効果を考えると、多くの量を摂取すればそれだけ効果が高まると考えがちです。しかし、他の健康食品と同じように、ローヤルゼリーも摂りすぎはよくありません。
それでは、ローヤルゼリーの摂取量の目安と摂りすぎによる影響について解説します。

ローヤルゼリーの摂取量の目安

日本健康・栄養食品協会(健康食品メーカーが設立した財団法人)では、ローヤルゼリーの1日の摂取量の目安を500mg~3000mgと定めています。数値に幅があるのは、摂取する人の年齢や体の大きさ、体質、体調などがそれぞれ異なり、各自で調節することを想定しているからです。

自分に合った摂取量を知る

ローヤルゼリーを摂取する際には、1日の摂取量の目安を参考に、自分に合った摂取量を把握する必要があります。1日の摂取量の目安には幅があるので、始めのうちは飲む量を少しずつ変えてみると自分に合った摂取量を知ることができます。
そのためには、まずは少量から始めてみるとよいでしょう。自分の体調や効果を確認しながら、少しずつ飲む量を増やしていけば、一番効果を実感できる量がわかるはずです。

ローヤルゼリーの効果的な飲み方

ローヤルゼリーの一番効果的な飲み方は、1日に飲む量を数回に分けて摂取する方法です。一度にたくさん摂取すると、吸収できなかった栄養素が排出されてしまうからです。何回かに分けることにより、ローヤルゼリーに含まれる栄養素をより確実に吸収されます。
しかし、朝と夕方の2回飲んでいる場合、うっかり朝飲み忘れて夕方に1日分をまとめて摂取しても、過剰摂取にはなりません。ローヤルゼリーは、医薬品のようにいつ、どの位の量を飲まなければいけないという決まりはありません。忘れてしまった場合に、1日の摂取量の範囲内であれば2回分をまとめて摂取しても問題はないのです。

ローヤルゼリーを摂りすぎると悪い理由

ローヤルゼリーにも適量があります。ローヤルゼリーを摂りすぎてしまうと、せっかくの成分が体外に排出されてしまうだけではなく、胃腸を壊してしまうことにも繋がります。アレルギーを持っている人であれば、より重大な症状を引き起こす可能性があります。

余った成分は体の外に排出される

ローヤルゼリーを含む健康食品は、摂取した成分の全てが体内で吸収されるわけではありません。利用されずに余った成分は、尿や便として体外に排出されてしまうのです。
ですから、いくらローヤルゼリーを大量に摂取しても効果の高まりは期待できません。

胃腸の調子が悪くなることがある

ローヤルゼリーは、胃腸の弱い人が一度に多くの量を摂取すると身体への負担が大きく、胃痛や下痢などの症状が現れる人がいます。特に空腹時にローヤルゼリーを多く摂取すると胃腸の調子が悪くなりやすいので、空腹時の大量摂取は控えた方がよいでしょう。胃腸の弱い人は、ローヤルゼリーを食後に飲むようにすると、胃腸への負担を減らすことができます。

アレルギー反応に注意

食品に対するアレルギーをもっている人は、ローヤルゼリーの摂取量には注意が必要です。また、花粉症や喘息、アトピー性皮膚炎などの持病をもっている人も、過剰摂取により思わぬ症状が発症することがあります。
アレルギーがないと思っている人でも、いつアレルギーの症状を発症するのかわかりません。ある日突然、アレルギーの症状が現れてしまうこともあります。ですから、最初から通常の量を摂取するのではなく、少しの量から始めて、体調を確認しながら飲む量を少しずつ増やしていくとよいでしょう。

まとめ

ローヤルゼリーの1日の摂取量の目安は、500mg~3000mgです。適正な摂取量には個人差があり、自分に合った量を知ることが大切です。ローヤルゼリーは、適量を超えて摂取すると、せっかくの成分が体外に排出されるだけではなく、胃腸を壊してしまうことにも繋がります。人によっては、アレルギー反応の心配も高まります。
ですから、最初から通常の量を摂取するのではなく、少しの量から始めて体調を確認しながら飲む量を少しずつ増やしていくとよいでしょう。また、ローヤルゼリーの効果を高めるためには、1日に飲む量を数回に分けて摂取することをおすすめします。