厳選比較!ローヤルゼリーWEB

メインイメージ

夏バテ対策にローヤルゼリー

暑い夏がやってくると、夏バテに悩まされる人が多くいます。水分補給やエアコンの使用、睡眠時間の確保など、さまざまな夏バテ対策に取り組んでもなかなか暑い夏を乗り切れるものではありません。
実は、夏バテ対策として効果を発揮するのがローヤルゼリーです。夏バテに効果のある多くの栄養素が豊富に含まれているので、不足しがちな栄養素を補い、夏の暑さに負けない身体に改善してくれるからです。
そこで、夏バテに悩んでいる皆さんに夏バテの症状や原因、ローヤルゼリーの夏バテへの効果について解説します。

夏バテの症状

夏バテとは、高温多湿の夏に身体が対応できなくなり、だるさや倦怠感、無気力、食欲不振などの身体の不調のことをいいます。夏バテによる全身のだるさは、疲れが取れにくいことが特徴です。いくら休んでも疲れがとれず、仕事や家事に支障を来すことがあります。
また、夏の暑さにより自律神経が乱れて内蔵機能が低下し、食欲不振にもなります。その結果、体に必要なエネルギーやビタミンなどが不足してだるさや疲労感が増し、無気力になってしまうのです。

夏バテの原因

夏バテの主な原因は三つあります。一つ目は、高温多湿といった夏の気候による体力の消耗や発汗異常です。夏バテの二つ目の原因は、熱帯夜による睡眠不足であり、室内外の温度差による自律神経の乱れが三つ目の原因です。

高温多湿による体力の消耗や発汗異常

高温多湿が続くと汗の蒸発が妨げられ、うまく発汗ができなくなってしまいます。汗の蒸発が妨げられると熱が体内にこもって体温調節がうまくできなくなってしまうのです。また、長時間高温多湿の中にいると発汗が過剰になり、体内の水分が不足します。水分不足になると身体を循環する血液の量が減り、血圧の低下を招いてしまうのです。その結果、臓器への血液の量も減少して栄養素が十分に届けられず、疲労感や倦怠感などの症状が出てしまうのです。

熱帯夜による睡眠不足

ヒートアイランドなどにより夜間でも気温が下がらず、熱帯夜(夜間の最低気温が25度以上)の日が続くと、寝付きが悪くなったり途中で起きてしまったりして睡眠不足になることがあります。その結果、日中の疲労を回復することができず、疲れが溜まって夏バテを引き起こしてしまいます。睡眠不足になると自律神経も乱れてしまいますから、さらに体調が悪くなって悪循環に陥ってしまうのです。

急激な温度差による自律神経の乱れ

高温の室外からエアコンの効いた室内を出入りすることによる急激な温度差は、体力を消耗し夏バテの原因になります。身体の体温調節は自律神経の働きによりコントロールされています。室内外の温度差が大きいとそのストレスで自律神経がうまく働かなくなり、胃腸の不調や倦怠感を招いて夏バテを引き起こしてしまうのです。

夏バテに効果のあるローヤルゼリーの成分

ローヤルゼリーの特徴は、多くの栄養素がバランスよく含まれていることです。夏バテで弱った身体をビタミンB群やミネラル、デセン酸、アセチルコリンなどの成分の力で改善し、厳しい夏を元気に乗り越えることができます。

ビタミンB群でエネルギーを作り出す

ローヤルゼリーには8種類すべてのビタミンB群が含まれています。ビタミンB群は細胞にエネルギーを供給する働きがあり、食欲不振や胃腸障害を改善して疲労回復に役立ちます。
ビタミンB群は体内で合成することができないだけではなく、暑さで汗と一緒に体外に排出されてしまいます。ですから、ローヤルゼリーを摂取することでビタミンB群を補給することができるのです。ビタミンB群はそれぞれのビタミンが互いに補い合う性質があります。8種類を同時に摂取できるローヤルゼリーはビタミンB群の働きを最大限に引き出すことができるのです。

ミネラルで疲労回復

ローヤルゼリーには、マグネシウムやカルシウム、銅、亜鉛、鉄など8種類のミネラルが含まれています。ミネラルは、疲労回復には欠かせない栄養素です。
マグネシウムはビタミンが疲労物質を除去する働きを促進し、疲労回復を促してくれます。また、鉄分はヘモグロビン(血液中で酸素を運ぶ役割がある物質)をつくるのに欠かせない成分です。ヘモグロビンが不足すると脳や身体が酸素不足に陥り、疲労がとれにくくなってしまいます。
ミネラルは身体の中でつくることはできません。また、発汗により身体から流れ出てしまうのがミネラルです。ローヤルゼリーを摂取することで不足がちなミネラルを補うことができ、疲労回復に役立つのです。

デセン酸やアセチルコリンで自律神経の乱れを改善

ローヤルゼリーに含まれるデセン酸にはエストロゲン(女性ホルモンの一つ)と似た働きがあり、間脳にある視床下部に働きかけて自律神経を整えてくれます。また、ローヤルゼリーに含まれるアセチルコリン(神経伝達物質の一つ)には副交感神経を高めて交感神経の緊張を抑え、自律神経のバランスを整える働きがあります。
これらのデセン酸やアセチルコリンの働きにより自律神経のバランスが整い、食欲を取り戻すとともに不眠も改善されて夏バテの症状を和らげてくれるのです。

アミノ酸で滋養強壮

ローヤルゼリーには、9種類の必須アミノ酸と15種類の非必須アミノ酸が豊富に含まれています。これらのアミノ酸には、疲れた身体を回復させる働きがあるのです。グルタミン酸(非必須アミノ酸)には免疫力を高め、疲労の原因である乳酸が溜まるのを抑える働きがあり、アスパラギン酸(非必須アミノ酸)には疲れにくい身体にする効果があります。疲れのもとである乳酸の生成を抑えて、疲労回復に効果を発揮してくれるからです。アスパラギン酸は代謝を活性化させるため、不足するとエネルギー代謝がうまくいかなくなって疲れやすさを感じてしまいます。
ローヤルゼリーに含まれるアミノ酸の効果により疲れた身体を回復させるだけではなく、疲れにくい身体へと改善することで夏バテの症状を和らげてくれるのです。

まとめ

夏バテとは、高温多湿の夏に身体が対応できなくなり、だるさや無気力、食欲不振などの身体の不調のことをいいます。夏バテは高温多湿による体力の消耗や発汗異常、熱帯夜による睡眠不足、室内外の温度差による自律神経の乱れが主な原因です。
ローヤルゼリーには、夏バテに効果のある多くの栄養素が含まれています。ビタミンB群の効果でエネルギーを作り出し、食欲不振や胃腸障害を改善してくれます。また、8種類のミネラルにより疲労物質を除去し、デセン酸やアセチルコリンの力で自律神経を整え、食欲不振や不眠も改善してくれるのです。さらに、ローヤルゼリーに含まれるアミノ酸の効果により疲労回復だけではなく、疲れにくい身体へと改善することで夏バテの症状を和らげてくれるのです。