厳選比較!ローヤルゼリーWEB

メインイメージ

ローヤルゼリーを選ぶときは添加物に注意

薬局やドラッグストア、通販などで数多く販売されているローヤルゼリー製品。これらのローヤルゼリー製品を購入する際には、産地やデセン酸の含有量、添加物などを確かめて購入する必要があります。中でも、添加物についてはどんな目的でローヤルゼリー製品を摂取するのか、さらには添加物による危険性などを考えて購入することが大切です。
それでは、ローヤルゼリーに添加物を入れる理由や選ぶ際の注意点について解説します。

ローヤルゼリーに添加物を入れる理由

全国ローヤルゼリー公正取引協議会では、ローヤルゼリー製品を生ローヤルゼリー、乾燥ローヤルゼリー、調製ローヤルゼリーの3つに分類しています。添加物が含まれているのは調製ローヤルゼリーだけです。それは、生ローヤルゼリーと乾燥ローヤルゼリーには添加物を加えることが認められていないからです。
調製ローヤルゼリーに添加物を入れるのは、品質や味を整え、相乗効果を狙ってのことです。

品質を保つため

ローヤルゼリーは生鮮食品で、常温では数日しか品質を保つことができません。ソフトカプセルや健康飲料などに加工する場合は、品質を保つために添加物が必要です。酸化防止剤や乳化剤、安定剤などの添加物を加えることにより、長期間品質が保たれるようになります。

食べやすくするため

ローヤルゼリーには強い酸味や苦みなど、独特の風味があります。そのままでは食べにくいのがローヤルゼリーです。そこで、顆粒やドリンクタイプなどのローヤルゼリー製品では、甘味料やうまみ成分を加えて食べやすくしています。最もポピュラーな甘味料はハチミツを使っている製品で、砂糖や酸味料、香料などを加えて味を調えている製品もあります。

ローヤルゼリーの成分との相乗効果を狙って

ローヤルゼリーの美容や健康効果をより一層高めるために、さまざまな栄養成分を添加しているローヤルゼリー製品もあります。ローヤルゼリーにコラーゲンを加えて美肌効果を高めた製品や、若々しさに役立つセサミンを加えた製品、エネルギー生産に関わるコエンザイムQ10を加えた製品など、多種多様です。
これらのローヤルゼリー製品を摂取すれば、複数のサプリメントを利用する必要はありません。添加物というとマイナスのイメージを持たれる人がいます。しかし、プラスの効果をもつローヤルゼリー製品は数多くあります。

ローヤルゼリーを選ぶ際の注意点

ローヤルゼリーには即効性はありません。毎日飲み続けてこそ美容や健康に効果を発揮します。だからこそ、どのような添加物が加えられているのか、摂取する目的は何かを考えて信頼できる製品を選ぶことが大切です。

合成保存料には注意が必要

ローヤルゼリーを選ぶ際には、成分表で添加物を確認することをお勧めします。一口に添加物といっても、コラーゲンやハチミツなど心配をしなくてもよいものもたくさんあります。しかし、添加物の中には科学的に合成された酸化防止剤など、身体に悪い影響を与えてしまう添加物が加えられている製品もあるので、注意が必要です。

目的に合った添加物を選ぶ

ローヤルゼリーを摂取する目的は、人によりさまざまです。滋養強壮やアンチエイジング、美肌効果など、目的により必要となってくる成分は違います。調製ローヤルゼリーを選ぶ際には、何のためにローヤルゼリー製品を摂取するのかをはっきりさせることが大切です。

信頼できる製造元の商品を選ぶ

添加物が加わったローヤルゼリーを選ぶ際には、信頼のできる製造元の商品を選ぶことがお勧めです。
市販されているローヤルゼリー製品の中には品質の悪いものもあります。粗悪品かどうかを見極める一つの判断材料は「公正マーク」です。公正マークとは、全国ローヤルゼリー公正取引協議会の品質審査にパスした製品のみに張られているマークです。このマークのついている製品であれば、安心です。
信頼できるメーカーや製品ほど、添加物についてより詳細に表示し、製品選びの判断材料を私たちにわかりやすく示してくれています。

まとめ

添加物が含まれているローヤルゼリー製品は、調製ローヤルゼリーだけです。調製ローヤルゼリーに添加物を入れる理由は三つあります。一つ目は、酸化防止剤などの添加物を加えることにより、長期間品質が保たれるようにするためです。添加物を入れる二つ目の理由は、甘味料などを加えて食べやすくするためです。三つ目の理由は、コラーゲンやコエンザイムQ10などの成分を加えて美容や健康効果をより一層高めるためです。
添加物が含まれたローヤルゼリー製品を選ぶ際には、どのような添加物が加えられているのか、摂取する目的は何なのかを考えて、信頼できる製品を選ぶことをお勧めします。