厳選比較!ローヤルゼリーWEB

メインイメージ

ローヤルゼリーを飲むタイミング

ローヤルゼリーは健康食品なので、いつ飲んでも構いません。薬のように飲むタイミングは指定されておらず、飲むタイミングによって体に悪影響を及ぼすことがないからです。摂取量や飲み合わせさえ気をつければ、いつ飲んでも大丈夫といえます。
ただし、ローヤルゼリーは含まれている成分が多種多様なので、ローヤルゼリーを摂取する目的をしっかりと定めた上で飲むタイミングを決めるとよいでしょう。
それでは、ローヤルゼリーを飲むタイミングについて解説します。自分がローヤルゼリーに求める力を引き出すためにはいつ飲んだらよいのかを判断する参考にしてください。

朝食前に飲む

基本的には、消化吸収のよい空腹時に摂取すると効果が出やすいとされています。朝食の前は一日で一番空腹になっている状態なので、体内に入ってきた栄養分をどんどん収集しようとします。ですから、朝食前のローヤルゼリー摂取は、成分の吸収率アップが期待できます。

胃腸の弱い人は食後

多くの栄養素を含んだローヤルゼリーを空腹時に摂取すると、胃腸の調子が悪くなる人もいます。そのような人は食後に摂取するとよいでしょう。食後であれば胃や腸に食べ物がたくさんあるので、胃腸の動きが活発になっています。栄養素の吸収率が上がる食後にローヤルゼリーを摂取すると、含まれている栄養素の吸収率が上がるので、より大きな効果が期待できます。

就寝前に飲む

就寝前の服用も、効果的です。睡眠は、ただ体を休ませて体力を回復させるだけではありません。その日に受けたダメージを修復するための時間でもあります。また、肌の新陳代謝やホルモンの分泌は、睡眠中が最も活発になっているのです。
体や肌は就寝中に修復されるので、就寝前にローヤルゼリーを服用することで新陳代謝やホルモンの分泌をより一層活発にして、体や肌の回復を助ける効果を高めてくれます。

疲れを感じたときに飲む

午前中の疲れが出始める午後にローヤルゼリーを摂取することも、効果的です。私たちの体は、午後3時~4時くらいになると疲労のピークを迎えます。このようなときにローヤルゼリーを摂取することで、集中力の低下が改善されます。

運動の前後に飲む

ローヤルゼリーには多くの栄養素が含まれ、疲れにくい体へと改善する効果もあります。
特にアミノ酸は、筋肉を強化する効果や疲労回復の効果があります。運動前にアミノ酸を摂取することで、筋肉を動かすためのエネルギーが増加し、筋肉トレーニングの効果アップが期待できます。アミノ酸は体内に取り込まれるまでに30分程度かかるので、トレーニングの30程前にローヤルゼリーを摂取するとよいでしょう。
さらに、ローヤルゼリーに含まれるイソロイシン(身体機能を高めるために必要なアミノ酸)は、ほとんどのスポーツドリンクに含まれる成分です。疲労回復や筋肉増強に効果のある物質で、運動をする人には欠かすことのできない栄養素です。ですから、スポーツの前後にローヤルゼリーを飲むことはお勧めです。

数回に分けて飲む

ローヤルゼリーを一度に多くを摂取しても、すべて吸収されるわけではありません。一度に多くのローヤルゼリーを飲んでも、吸収されない量が増えてしまうだけです。特にビタミンB群やCは水溶性なので、体に蓄積されずに不要な分は尿と一緒に排出されてしまいます。ビタミンをより効果的に得たい場合は、必要な量を一日に2~3回に分けて摂取するとよいでしょう。

毎日決まった時間に飲む

ローヤルゼリーには薬のような即効性はありません。続けて飲むことで効果が発揮されます。ですから、毎日続けて摂取することが何よりも大切です。
習慣化させるための工夫として、「朝起きて飲む」「夜寝る前に飲む」などと、飲むタイミングを決めることをお勧めします。
自分が続けて飲みやすいタイミングを考え、飲み忘れがないようにしましょう。

おわりに

ローヤルゼリーは健康食品なので、いつ飲んでも構いません。ただし、ローヤルゼリーの効果を高めるには、タイミングが大切です。
基本的には、消化吸収のよい空腹時に摂取すると効果が出やすいとされています。しかし、胃腸の弱い人は食後の摂取がよいでしょう。また、就寝前の服用も効果的で、体や肌の回復を助ける効果を高めてくれます。さらに、疲労回復の効果もあるので、疲れを感じたときや運動の前後の摂取もよいでしょう。
ローヤルゼリーは必要な量を一日に2~3回に分けて摂取するとより効果的です。習慣化させるためには、決まった時間に飲むと飲み忘れがなくなります。