厳選比較!ローヤルゼリーWEB

メインイメージ

ローヤルゼリーは花粉症に効く

今では国民の4人に1人が苦しんでいる花粉症。毎年、花粉のシーズンになると鼻水や目のかゆみ、頭痛といった花粉症に悩まされている方が多くいます。
花粉症は、一般的には薬を服用して症状を緩和させる対症療法が基本です。しかし、花粉症を根本から治したいと考えている方も多いのではないでしょうか?そこで、花粉症の改善に効果を発揮するのがローヤルゼリーです。美容や健康に効果を発揮するローヤルゼリーは、花粉症にも効果が期待できるのです。
それでは、ローヤルゼリーが花粉症に効く理由や注意点について、説明します。

花粉症とは

花粉症とは、一種のアレルギー症状です。花粉症の原因は、主にスギやヒノキの花粉で、人によってはイネ科の植物やマツなどの花粉にも反応します。
アレルギーは体に備わっている免疫機能の過剰反応によって引き起こされます。花粉症の場合、鼻や喉の粘膜から花粉が取り込まれると、免疫機能が花粉を異物として認識し、体外に排出しようとします。免疫は、異物を体外に排出する手段として副交感神経を興奮させます。
花粉症は、自律神経と深い関係があります。自律神経には私たちが活発に活動をしているときに優位に働く交換神経と、休息や睡眠をとるときに優位に働く副交感神経があります。この二つのバランスがとれていることで体調が安定し、逆に不規則な生活やストレスなどによってバランスが崩れると体調不良や病気の原因にってしまいます。
花粉症が起きるときには副交感神経が働き過ぎてヒスタミン(炎症やアレルギー反応に関与している物質)やロイコトリエン(喘息発作やアナフィラキシーショックが引き金となって起こる激しい過敏反応を司る物質)という物質が生産されて、鼻水や痰、涙が異常に分泌されてしまいます。

ローヤルゼリーで花粉症が改善されるって、本当?

花粉症を発症する人は、遺伝的にアレルギー体質であることが主な原因と言われています。しかし、それ以外にも不規則な生活やストレスが原因で起こる自律神経の乱れや、食生活の変化も大きな原因だと考えられています。
その点、ローヤルゼリーには、自律神経を整えて花粉症体質を改善してくれるので、根本的な解決を考えている方にはとても効果的な健康食品です。

自律神経を整えて花粉症を改善

花粉症の症状には自律神経の働きが大きく関わっています。自律神経のバランスが崩れると、花粉症を発症させるだけではなく、症状を悪化させてしまうこともあるのです。
そんな花粉症に苦しんでいる方にお勧めなのがローヤルゼリーです。それは、ローヤルゼリーには、デセン酸とアセチルコリンという自律神経を整えてくれる成分が含まれているからです。副交感神経を落ち着かせることで花粉症の症状を抑えてくれるのです。

ローヤルゼリーで花粉症体質を改善

花粉症を含めたアレルギー疾患にかかっている人の我が国の割合は、3人に1人という報告があります。(平成28年2月に厚生労働省から出された「アレルギー疾患の現状等」より)アレルギー疾患が増えているのは、食事の欧米化により高タンパク・高脂質の食品が増えたことが背景にあります。しかし、それに加えてバランスの悪い食事も花粉症を悪化させていると考えられています。食品添加物が含まれているインスタント食品やお菓子を多く口にすることにより体が酸化し、免疫力が低下をしてしまうからです。
これらの食生活の変化に対しても、ローヤルゼリーは力を発揮してくれます。さまざまな栄養素をバランスよく含んだローヤルゼリーを毎日摂取することで免疫力が高まり、花粉症の体質を改善してくれるのです。

アレルギーに注意が必要

花粉症の症状を抑えてくれる効果があるローヤルゼリー。しかし、ローヤルゼリーの摂取には、アレルギー症状を起こすリスクがあることを忘れてはいけません。それは、ローヤルゼリーには極わずかでも花粉が含まれているからです。特に、アトピー性皮膚炎や喘息をお持ちの方は医師に相談することをお勧めします。
全国ローヤルゼリー公正取引協議会では、ローヤルゼリーを含む食品の表示に、喘息や食物アレルギーをもたれる方へ飲用を控えるよう注意喚起をしています。

アレルギー反応を避けるための方法

ローヤルゼリーは高い栄養価がある反面、花粉症を含めたアレルギー反応のリスクはゼロではありません。それでも、カプセルタイプや酵素分解ローヤルゼリーを選ぶことにより、アレルギー反応へのリスクは大きく軽減されます。

花粉症の人はカプセルタイプがおすすめ

花粉症は、主に鼻や喉の粘膜から花粉が入ってきたときに排除をしようとして起こるアレルギー症状です。ですから、カプセルタイプのローヤルゼリーであれば喉の粘膜からの吸収ができなくなるため、花粉の粘膜吸収を避けることができます。

酵素分解ローヤルゼリーでアレルギーのリスクを低減

現在では、多くのメーカーでアレルギーを起こしにくいように開発されたローヤルゼリーが製品化されています。それが酵素分解ローヤルゼリーです。ローヤルゼリーに含まれるアピシン(タンパク質の一種)を酵素分解し、より小さなペプチドやアミノ酸に変えます。こうすることで人体に入ったときに異物である判断するリスクを抑えることができることが、研究で判明しました。
ただし、酵素分解ローヤルゼリーでも、アレルギー発症のリスクがゼロになるわけではありません。花粉症によるアレルギーが心配な方は、医師に相談するするとよいでしょう。

まとめ

花粉症を発症する人は、遺伝的な原因や不規則な生活、さらには自律神経の乱れや食生活の変化も大きな原因だと言われています。その点、ローヤルゼリーにはデセン酸とアセチルコリンという自律神経を整えてくれる成分が含まれ、副交感神経を落ち着かせることで花粉症の症状を抑えてくれます。また、さまざまな栄養素をバランスよく含んだローヤルゼリーを毎日摂取することで、花粉症の体質を改善してくれるのです。
ただし、花粉症を含めたアレルギー反応のリスクはゼロではありません。特に花粉症とともに喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギーをお持ちの方は、ローヤルゼリーを摂取する際には医師に相談した方がよいでしょう。一方、アレルギー反応へのリスクを軽減させには、カプセルタイプや酵素分解ローヤルゼリーを選ぶという方法もあります。