厳選比較!ローヤルゼリーWEB

メインイメージ

ローヤルゼリーの味は

美容や健康、老化防止などに効果があるとして人気を集めているローヤルゼリー。さなざまなメーカーから数多くのローヤルゼリー製品が販売されています。
しかし、ローヤルゼリーにはハチミツのような甘さがなく、独特の風味を苦手としている人も多いようです。ローヤルゼリーは飲み続けることで効果が発揮される健康食品ですから、製品を選ぶ際には味も重要なポイントになります。それぞれの味の特徴について知り、自分に合ったローヤルゼリーの製品を選ぶとよいでしょう。

ローヤルゼリーとは

ローヤルゼリーは非常に栄養価の高い健康食品です。私たちの体を構成しているタンパク質のもとになるアミノ酸や、ビタミン、ミネラル、特有成分のデセン酸など40種類以上の豊富な栄養素を含んでいます。
それぞれのメーカーではローヤルゼリー本来の味が苦手な人のために、ローヤルゼリーを飲みやすく加工された製品が多く販売されています。
ローヤルゼリーの製品には「生ローヤルゼリー」「乾燥ローヤルゼリー」「調製ローヤルゼリー」の3種類があり、それぞれの製品には味の違いがあります。

生ローヤルゼリーは独特の酸味

生ローヤルゼリーは、採取をして72時間以内にそのまま瓶詰めしたものです。ですから、鮮度や純度が高く、ローヤルゼリー本来が持つ栄養価は損なわれてはいません。
生ローヤルゼリーには独特の酸味があります。酸味の原因は、ローヤルゼリーの特有成分である「デセン酸」によるものです。デセン酸の量が多ければ多いほど酸味が強くなります。このデセン酸は、ローヤルゼリーの品質を決定づける成分で、品質のよいものほど独特の酸味と刺激が強くなります。
生ローヤルゼリーは、スプーン一杯程度を舌の下に入れ、ゆっくりと味わうように摂取することが推奨されています。独特な風味が苦手な人は、ヨーグルトやハチミツ、牛乳などに混ぜて酸味を和らげると飲みやすくなります。

乾燥ローヤルゼリーは酸味が軽減

乾燥ローヤルゼリーは、生ローヤルゼリーを乾燥させて90%水分を除去したもので、粉末もしくはカプセルにした製品です。乾燥させることで栄養素の幾つかは失われてしまいますが、凝縮されているので少しの量で多くの栄養を摂取することが可能です。
乾燥ローヤルゼリーは生ローヤルゼリー独特の酸味が軽減され、飲みやすくなっています。そのまま摂取することはもちろん、粉末が苦手な人は冷たいドリンクやヨーグルトなどに混ぜることで美味しく摂取することができます。
製品にもよりますが、一日あたりティースプーンで2分の1程度が目安のため、比較的手軽にローヤルゼリーを摂取することができます。

飲みやすい調製ローヤルゼリー

調製ローヤルゼリーは、生ローヤルゼリーか乾燥ローヤルゼリーのどちらかにハチミツなどの添加物を加え、錠剤やカプセルにしたものです。100%のローヤルゼリーではないため、生ローヤルゼリーと比べると栄養価は劣ります。
調製ローヤルゼリーは錠剤やカプセルでの摂取なので、ローヤルゼリー独特の酸味はほとんど感じることはありません。さらに、飲みやすくするために糖衣錠になっている製品もあります。ですから、何かに混ぜて飲むような必要もなく、最も手軽に摂取できるローヤルゼリーだといえます。
もしローヤルゼリー成分が豊富に入っている製品を選びたい場合は、製品に記載されている「生ローヤルゼリー換算値」をチェックすることをお勧めします。

まとめ

生タイプ、乾燥タイプ調製タイプのローヤルゼリーには、それぞれ味に違いがあります。
生ローヤルゼリーには独特の酸味があります。酸味はデセン酸によるもので、品質のよいものほど独特の酸味と刺激が強くなります。酸味が苦手な人はヨーグルトなどと混ぜて飲むと飲みやすくなります。
乾燥ローヤルゼリーの味は、生ローヤルゼリー独特の酸味は軽減され、飲みやすくなっています。粉末が苦手な人は冷たいドリンクやヨーグルトなどに混ぜることで美味しく摂取することができます。
調製ローヤルゼリーは錠剤やカプセルでの摂取なので、ローヤルゼリー独特の酸味はほとんど感じることはありません。ですから、何かに混ぜて飲むような必要もなく、最も手軽に摂取できるローヤルゼリーだといえます。
ローヤルゼリーは飲み続けることで効果が発揮される健康食品です。製品を選ぶ際にはそれぞれの味の特徴について知り、自分に合ったローヤルゼリーの製品を選ぶとよいでしょう。