厳選比較!ローヤルゼリーWEB

メインイメージ

ローヤルゼリーのキャンディー

ローヤルゼリーを気軽に口にできる商品の一つにローヤルゼリー配合のキャンディーがあります。おやつ感覚で食べることができる上にローヤルゼリーの成分も同時に摂取できるキャンディーは、美容や健康への大きな効果が期待できます。
毎日を健康に生活できるサポートとしてローヤルゼリー配合のキャンディーを考えている人のために、ローヤルゼリー配合キャンディーの特徴やメリット・デメリットについて、詳しく解説します。

ローヤルゼリー配合キャンディーの特徴

全国ローヤルゼリー公正取引協議会では、ローヤルゼリー製品を生ローヤルゼリーと乾燥ローヤルゼリー、調製ローヤルゼリーの3種類に分類しています。ローヤルゼリー配合キャンディーは、調製ローヤルゼリーの一種です。

バラエティーに富んだ味

ローヤルゼリー配合キャンディーには、ローヤルゼリーの強い酸味と独特の苦みを和らげるためにさまざまな添加物を加えて食べやすくしている製品が多く販売されています。ですから、子どもからお年寄りまで幅広い世代で美味しく食べることができます。
添加物としては、ハチミツや水飴、オリゴ糖を加えた製品が多く、中にはハチミツの甘さと生姜の苦みがちょうどよく合わさったキャンディーもあります。また、ローヤルゼリーと相性のよいビタミンCを加えた製品や、柚子果汁を加えてまろやかでさっぱりとした味のキャンディーに仕上がった製品もあります。ローヤルゼリーを試したことのない方やローヤルゼリーの味が苦手な方でも、気軽に口にすることができて便利です。

手軽に購入できる

ローヤルゼリー配合キャンディーは、病院や薬局、通販などで購入できます。価格はメーカーや品質にもよりますが、一袋70g~150g入りで300円~1,200円くらいです。一般的なキャンディーと比べれば高価ですが、ローヤルゼリー製品の中では手軽に購入できる価格帯の商品が多いといえます。

ローヤルゼリー配合キャンディーのメリット

ローヤルゼリー配合キャンディーには、食べやすさや吸収のしやすさなどのメリットがあります。健康のために摂取するというより、美味しくて何気なく口にしているうちに自然にローヤルゼリーの優れた成分を摂取でき、美容や健康の向上に繋がっていくのです。

食べやすい

ローヤルゼリーは、強い酸味と独特の風味があり、食べやすい食品ではありません。その点、ローヤルゼリー配合キャンディーには砂糖やハチミツなどが加えられているため、とても食べやすくなっています。
粉末やカプセルが苦手な人には、ローヤルゼリー配合キャンディーはお勧めです。

ローヤルゼリー成分を口内で吸収できる

ローヤルゼリーには40種類以上の成分が含まれています。しかし、そのすべてを吸収できるわけではありません。それは、ローヤルゼリーに含まれる成分の中には酸に弱く、胃酸で変質しまうものがあるからです。
キャンディータイプであれば口の中で溶けていくため、口内の細胞から直接体内に吸収することもできるのです。それは、ローヤルゼリーの成分が唾液と混ざることにより口の中の粘膜や舌の静脈などからある程度吸収されていくからです。

ローヤルゼリー配合キャンディーのデメリット

ローヤルゼリー配合キャンディーにもデメリットがあります。それは、カロリーが高くなりやすいことと、製品によってはローヤルゼリーの含有量がとても少ないものがあることです。

食べ過ぎに注意

キャンディーのカロリーは一粒(4g)あたり9~20キロカロリーが一般的です。一方、ローヤルゼリー配合キャンディーは一粒(4g)あたり16キロカロリー程度です。
ローヤルゼリー本来のカロリーは4gあたり8キロカロリー程度ですので、ローヤルゼリー配合キャンディーは2倍程度のカロリーを摂取することになります。ですから、食べ過ぎは糖分の取り過ぎに繋がります。食べる量に注意が必要です。> 糖分を抑えたいのであれば、砂糖よりカロリーの低いハチミツで味付けをしているローヤルゼリー配合キャンディーがお勧めです。

ローヤルゼリー成分の含有量に注意

ローヤルゼリーの配合量は商品により異なります。ローヤルゼリー配合キャンディーの中には、調製ローヤルゼリーには含まれない製品もあります。それは、ローヤルゼリーの含有量が全国ローヤルゼリー公正取引協議会で定めた基準(生ローヤルゼリーの使用量が全重量の6分の1以上)を下回っている製品です。このような製品では、いくら食べてもローヤルゼリーのもつ効果は期待できません。
ローヤルゼリー配合キャンディーを選ぶ際には、調製ローヤルゼリーとして認められている製品を選ぶことが大切です。

1歳未満の乳児は摂取禁止

ローヤルゼリー配合キャンディーは1歳未満の乳児には与えてはなりません。なぜなら、ローヤルゼリーにはボツリヌス菌が混入している可能性があるからです。1歳未満の乳児では、ローヤルゼリーに混入されたボツリヌス菌がまれに腸内で発芽し、「乳児ボツリヌス症」が発症して手足の麻痺が起こる可能性があります。
離乳期が過ぎた1歳以上の幼児や大人であれば、ビフィズス菌などの腸内細菌によりボツリヌス菌が混入しても身体への影響はありません。「最低でも1歳以上」というのが一つの目安です。ただし、たとえ1歳以上であっても、ローヤルゼリー配合キャンディーを摂取する際には、少しの量からはじめることをお勧めします。

アレルギー体質の方は注意が必要

ごく希ではありますが、ローヤルゼリーの摂取によりアレルギー症状を起こす可能性があります。それは、ローヤルゼリーには多くのタンパク質や花粉、蜜などのアレルギーの原因物質が含まれているからです。食物アレルギーやハチアレルギー、喘息の方はアレルギー症状を引き起こす可能性があるので、原材料を確認の上、医師に相談することをお勧めします。

まとめ

ローヤルゼリー配合キャンディーは、調製ローヤルゼリーの一種です。ローヤルゼリーの強い酸味と独特の苦みを和らげるために、ハチミツやビタミンC、生姜や柚子果汁などを加えて、誰でも食べやすいように加工されています。価格も他のローヤルゼリー製品と比べて安価で、手軽に購入できます。
ローヤルゼリー配合キャンディーは、食べやすく吸収しやすいことがメリットです。一方、比較的カロリーが高い製品が多く、中にはローヤルゼリーの含有量が少ない製品があるので、調製ローヤルゼリーとして認められている製品を選ぶことが大切です。ローヤルゼリー配合キャンディーは、他のローヤルゼリー製品と同様、乳児やアレルギー体質の方は注意が必要です。