厳選比較!ローヤルゼリーWEB

メインイメージ

ローヤルゼリーによる耳鳴りの軽減

耳鳴りは不快な音とともにストレスや睡眠障害、うつ病を引き起こしてしまいます。だからこそ、治したいものです。
ローヤルゼリーには 耳鳴りに効果的な成分が多数含まれています。耳鳴りに悩んでいる方の生活を改善するためにも、ローヤルゼリーを試してみてはいかがでしょうか。

耳鳴りとは

耳鳴りとは、実際に音がないのに、音を感じてしまう症状のことをいいます。蝉の鳴く音や「ザーザー」と水の流れるような音、モーター音など、聞こえ方は人によりさまざまです。「耳鳴り」は一般的な用語で、医学的には「耳鳴(じめい)」といいます。耳鳴りはいつ、誰にでも起こりうる症状です。特に、年齢を重ねた方や騒音にさらされている方のリスクは高いようです。

耳鳴りの原因

耳鳴りは、外耳から中耳、内耳、聴神経、脳までのどこかに異常があって起こります。耳鳴りの原因は、耳の機能障害やストレス、血行不良、薬の副作用などがありますが、原因が不明の場合も多いです。

耳の機能障害による耳鳴り

音は空気の振動で伝わりますが、その振動が 内耳にある蝸牛(かぎゅう)と呼ばれる器官で神経を伝わる電気信号に変換されます。 内耳の異常が原因で、外界からの刺激とは無関係の電気信号が発生することが、耳鳴りの原因の一つだと考えられています。

ストレスからくる耳鳴り

仕事や人間関係による精神的・身体的ストレスが長く続くと、自律神経が乱れて耳鳴りが起こることがあります。特に生活リズムの乱れや疲労・ストレスが溜まったときに耳鳴りの症状が起きやすく、悪化するケースも少なくありません。

血行不良による耳鳴り

耳鳴りは、内耳の血流不足が原因で起こることがあります。内耳の血管は蜘蛛の巣のように細く張り巡らされています。そのため、ストレスや気圧の変化などでむくんでしまい、血行不良を起こしやすいです。そして、内耳がむくむと有毛細胞(耳の感覚細胞)の働きが低下してしまい、「音の聞こえ」に支障をきたして耳鳴りの原因となります。

耳鳴りを改善するには、血液の循環をよくして内耳のむくみを解消させることが大切です。

薬の副作用が原因の耳鳴り

抗菌薬(結核の治療薬)や解熱剤、抗うつ薬、糖尿病、リウマチなどの治療薬の中には、耳鳴りを引き起こすものが数多くあります。特に腎臓疾患の方は薬が十分に排出されず、薬の血中濃度が高くなるので、耳鳴りが起こりやすいです。

耳鳴りの原因となる主な疾患

耳鳴りは、突発性難聴やメニエール病(内耳の異常が原因で起こる病気)、中耳炎や外耳炎などによって起こります。さらに、脳腫瘍や高血圧、糖尿病、うつ病、自律神経失調症、更年期障害などによっても、耳鳴りが起こることもあるのです。

耳鳴りの治療法

耳鳴りの治療は難しく、耳鳴りが発症する仕組みはまだ解明されていません。耳鳴りの代表的な治療法には投薬と耳鳴り順応療法の2つがあります。しかし、これらの治療法では耳鳴りを根本的には解消できません。

治療薬やカウンセリングによる治療

耳鳴りの治療法としては、内耳の血行をよくする治療薬の他に不眠やうつ状態等を改善するための睡眠薬・精神安定剤の服用があります。ただし、食欲不振やかゆみ、便秘などの副作用があることも報告されています。また、カウンセリングによる治療も行われています。カウンセリングによる治療法は時間がかかり、耳鳴り自体が改善されるものではありません。

耳鳴り順応療法

耳鳴り順応療法とは、耳鳴りが気にならないように器具等を使って別の音を聴かせ、音に順応させることにより耳鳴りの苦痛を和らげる方法です。この治療法は耳鳴りそのものを解消するものではなく、「不快な音」から「気にならない音」へと順応させる方法です。

ローヤルゼリーで耳鳴りを改善

ローヤルゼリーの摂取では、耳鳴りを原因から改善してくれます。なぜなら、ローヤルゼリーには、耳鳴りの原因とされている病気や症状に効果のある成分が豊富に含まれているからです。実際に、ローヤルゼリーが耳鳴りを改善させる効果は、実験により証明されています。みつばち健康科学研究所の研究では、慢性的に耳鳴りを感じている人をローヤルゼリーの摂取量が違う2つのグループに分けて検証しました。その結果、ローヤルゼリーの摂取量が多いグループ(2800mg/日)の方が、採取量が少ないグループ(700mg/日)より耳鳴りの改善率が高いという実験結果が示されたのです。

自律神経の乱れやストレスを軽減させて耳鳴りを改善

ローヤルゼリーにはデセン酸(特有成分)やアセチルコリン(神経伝達物質の一つ)など、自律神経の乱れやストレスを軽減させる成分が豊富に含まれています。デセン酸とアセチルコリンには自律神経の乱れを整え、副交感神経を優位に働かせて心身をリラックスさせる効果があります。また、非必須アミノ酸のγ-アミノ酸やトリプトファン、ビタミンB1、パントテン酸(ビタミンB群の一つ)などの成分もストレスを軽減させる効果があります。
これらの成分により、自律神経の乱れやストレスが軽減され、耳鳴りが改善されていくのです。

血行をよくして耳鳴りを改善

血流が悪いと耳に届く血の巡りが悪くなり、耳鳴りの症状が発症します。
ローヤルゼリーに含まれるデセン酸やアセチルコリンには、副交感神経を刺激して血管を広げ、血行を良くする効果も持っています。
また、パントテン酸には脂質代謝を助け、血中の悪玉コレステロールを低下させて血行をよくする働きがあります。さらに、アルギニン(非必須アミノ酸)やイソロイシン(必須アミノ酸)は血管を広げて血行をよくする働きがあり、耳鳴りの改善に有効です。

高血圧や糖尿病、更年期障害の症状を和らげて耳鳴りを改善

高血圧や糖尿病、更年期障害なども、耳鳴りの原因です。これらの症状を和らげることも、耳鳴りの改善に効果的です。
人の体内で糖の代謝を行っているのは、インスリンという物質です。
ローヤルゼリーに含まれるデセン酸はインスリンと似た働きがあり、糖の代謝を助けて血糖値を下げてくれます。また、ローヤルゼリーに含まれるビタミンB1やビタミンB2、マグネシウムにもインスリンの働きを助けて血糖値が上がるのを防いでくれる働きがあります。その結果、高血圧や糖尿病が改善され、耳鳴りの症状もやわらいでいくのです。

耳鳴りは治療とローヤルゼリーを組み合わせることが重要

耳鳴りを引き起こす原因は一つではありません。危険な病気と関連している可能性もあるため、医師の診察を受けることが重要です。その上で、治療と合わせてローヤルゼリーの摂取で耳鳴りの改善を検討してみてください。

まとめ

耳鳴りとは、実際に音がないのに、音を感じてしまう症状のことをいいます。耳鳴りは、外耳から脳までのどこかに異常があって起こります。耳鳴りの原因は、耳の機能障害やストレス、血行不良、薬の副作用、また、病気によっておこる耳鳴りなどが考えられます。
耳鳴りの治療は難しく、根本的にはなかなか解消できません。
ローヤルゼリーの耳鳴りへの効果は実験により証明されています。ローヤルゼリーに豊富に含まれているデセン酸やアセチルコリン、アミノ酸やビタミンなどの働きにより、耳鳴りを原因から改善してくれるのです。
耳鳴りは危険な病気と関連している可能性もあるため、医師の診察を受けることが重要です。その上で、治療と合わせてローヤルゼリーを服用すると効果的です。