厳選比較!ローヤルゼリーWEB

メインイメージ

ローヤルゼリーと抗酸化物質

我々人間は加齢とともに体のしなやかさを失い、病気や老化が進行していきます。このように、体の機能がうまく働かなくなるのは、体が酸化をして錆びてくるからです。
そこで注目をされているのが、ローヤルゼリーです。ローヤルゼリーには、体の錆の原因である「活性酸素」に対抗する働きがあるからです。ローヤルゼリーにはいくつもの「抗酸化物質」が含まれ、我々の体の酸化を防いでくれます。
それでは、抗酸化物質とはどのような物質なのか、また、ローヤルゼリーにはどのような抗酸化物質が含まれているのかについて、説明をします。

抗酸化物質とは

抗酸化物質とは、人間の体内にある活性酸素の働きを抑える物質のことをいいます。活性酸素には病原菌を撃退するなど、私たちが生きていく上で必要な働きがあります。しかし、活性酸素が増えすぎると細胞が劣化してしまい、病気や老化の原因になってしまうのです。

増えすぎた活性酸素が病気や老化の原因

人は呼吸により酸素を取り込み、栄養素と結びついて活動に必要なエネルギーとして使用しています。取り入れた酸素の一部は酸化し、活性酸素となって細菌を撃退してくれます。活性酸素になる割合は、呼吸から取り込んだ酸素の約2%です。
しかし、活性酸素が増えすぎると細胞や血管を傷つけ、体内を酸化させてしまいます。その結果、糖尿病や動脈硬化などの病気や老化の原因になってしまうのです。
活性酸素は激しい運動、ストレス、紫外線、喫煙、生活習慣の乱れなどにより増えていきます。

抗酸化物質で細胞の老化を防ぐ

活性酸素を抑える働きを「抗酸化作用」といいます。抗酸化作用のある物質を摂ることにより、体内で増えすぎた活性酸素を取り除いて細胞の老化を防ぐことができます。
抗酸化作用の高い食品としてはカボチャや人参、キャベツなどの野菜が代表的です。中でも、抗酸化物質が豊富に含まれている食品がローヤルゼリーです。

ローヤルゼリーに含まれる抗酸化物質

デセン酸やビタミンB群など複数の抗酸化物質を含むローヤルゼリーは、活性酸素を減らして生活習慣病や老化を防止する効果を高めてくれます。

デセン酸

ローヤルゼリーに含まれるデセン酸は、活性酸素を抑える強い抗酸化作用を持った物質です。デセン酸とは脂肪酸の一種で、ローヤルゼリーにしか含まれていません。ローヤルゼリーの品質を決定する物質ともいわれ、良質なローヤルゼリーほど多くのデセン酸を含み、抗酸化作用の効果も期待できます。

ビタミンB群

ローヤルゼリーに含まれる8種類のビタミンB群にも抗酸化作用があることがわかっています。中でもビタミンB2は細胞を傷つけ老化の進行の一つの要因とされる過酸化脂質を分解・除去をする働きがあります。美容においてもシミの原因となるメラニンの生成を抑え、肌細胞の酸化を防いでアンチエイジングに効果的です。

ビタミンC

ビタミンCには強い抗酸化力はありませんが、活性酸素と戦って傷ついたビタミンEを修復し、再び作用できるようにサポートをする役割を担っています。
ローヤルゼリーにはビタミンCがわずかにしか含まれていません。しかし、ローヤルゼリーに含まれるや鉄分、ビオチン(ビタミンB群の一種)などの栄養素と結びついて互いの働きを補い合い、更なる抗酸化作用を発揮してくれます。

抗酸化性ペプチド

ローヤルゼリーには多くのタンパク質が含まれています。このタンパク質が胃や腸で分解されると、2個以上のアミノ酸が繋がってできた「抗酸化性ペプチド」になることが明らかになりました。
このローヤルゼリーの抗酸化性ペプチドには強い抗酸化力があり、活性酸素が細胞を殺すことを防ぐとともに、細胞を活性化させる働きがあることが実験で確認されています。
ローヤルゼリーの成分にはデセン酸など未だに研究中のものが多いのですが、この抗酸化性ペプチドもその一つで、今後の研究が期待されています。

おわりに

人間の体内にある活性酸素の働きを抑える抗酸化物質は、体内で増えすぎた活性酸素を取り除いて細胞の老化を防いでくれます。デセン酸やビタミンB群、ビタミンC、抗酸化性ペプチドなど複数の抗酸化物質を含むローヤルゼリーは互いの働きを補い合い、更なる抗酸化作用を発揮してくれます。
活性酸素を増やさないように食生活や生活習慣を見直すとともに、ローヤルゼリーを継続的に摂取して健康的な毎日を過ごしてみてはいかがでしょうか?