厳選比較!ローヤルゼリーWEB

メインイメージ

ローヤルゼリーで体臭改善

2014年に資生堂が実施したニオイに関する調査によると、職場で気をつけている身だしなみのトップに「自分の発するニオイ(42.2%)」を挙げています。体臭で悩む人が増えた背景には、清潔志向や食生活の変化、ストレス、疲労などが考えられます。
ドラッグストアや薬局には、体臭で悩む人のために制汗剤やデオドランドなどの体臭ケアの製品が数多く販売されています。しかし、体臭を根本的に解決したいのであれば、ローヤルゼリーがお勧めです。ローヤルゼリーには、美容や健康の効果だけではなく、体の中から根本的に体臭を改善してくれる効果があるからです。
それでは、体臭の原因とローヤルゼリーの体臭改善効果について、解説します。

体臭のメカニズム

体臭は、汗と皮脂そして常在菌の働きにより発生します。汗にはエクリン腺から出る汗とアポクリン腺から出る汗の2種類があります。
エクリン腺は主に体温調節のために汗を出す汗腺で、体中にあります。エクリン腺から出る汗は無味無臭です。しかし、皮脂と混ざった汗は細菌により代謝や分解がされ、空気中の酸素で酸化されて体臭としてニオイを発生させてしまいます。
一方、脇の下など限られた部位にあるアポクリ腺から分泌される汗には、脂質やタンパク質などニオイのもととなる成分が含まれているので、汗そのものにニオイがあります。

体臭の原因

体臭は人によってニオイの種類や強さが違います。体臭の個人差は、「HLA」という遺伝子が関わっていることは解明されています。ただ、ニオイが人により違う理由については明確ではありません。
体臭の原因は、腸内環境や疲労、ストレスや加齢などが考えられます。

腸内環境の悪化

体臭の原因の一つに、腸内環境の悪化があります。腸内環境が悪くなると悪玉菌である大腸菌やブドウ球菌が増え、腸内のタンパク質などを分解して有害物質を増やします。この有害物質が血液と一緒に体中に運ばれ、体臭の原因になるのです。
また、便秘も体臭の原因の一つです。腸内環境が悪くなると便が腸に長くとどまり、便のニオイが体臭として排出されてしまいます。

慢性疲労も体臭の原因

体臭は、慢性疲労とも大きく関係しています。それは、慢性疲労は内蔵機能の低下を招き、体臭を悪化させてしまうからです。
食品に含まれるタンパク質は、体内で分解されるとアンモニアや硫化水素というニオイのある物質を発生させます。このアンモニアや硫化水素は、通常では尿と一緒に排出されます。しかし、疲労により肝臓や腎臓の機能が低下すると、アンモニアや硫化水素などを十分に処理しきれなくなってしまいます。その結果、処理しきれなくなったアンモニアや硫化水素が血液によって全身を巡り、ニオイとして体外に排出されてしまうのです。

ストレスによる体臭

ストレスも体臭を強くする原因の一つです。人は、強いストレスを感じるとニオイの強い汗をかくことがあります。それは、ストレスにより自律神経のバランスを崩し、交感神経が優位に働いてしまうからです。すると血管が収縮して血流が悪くなり、内蔵の機能を低下させます。その結果、老廃物が処理しきれずに血液と一緒に全身に運ばれ、体臭として排出されるのです。
また、エクリン腺やアポクリン腺は緊張などの精神の影響を受けやすく、ストレスにより交感神経が刺激されると、ニオイのある汗が増えてしまうのです。

抗酸化作用の低下で加齢臭

加齢臭は、抗酸化力の低下が原因で起こります。私たちの体は、加齢により抗酸化力が低下します。抗酸化力が低下すると、皮脂に含まれる物質(9-ヘキサデセン酸)が活性酸素によって酸化されて「ノネナール」という物質に変化します。このノネナールが加齢臭の原因物質です。
加齢臭は中高年男性だけではなく、女性にもあります。女性ホルモンの分泌が活発であればエストロゲンによる抗酸化作用で皮脂の酸化を防ぎ、加齢臭が出ることはほとんどありません。しかし、更年期以降の女性は女性ホルモンの分泌が低下し、皮脂が酸化されてニオイが強くなる可能性があるのです。

ローヤルゼリーが持つ体臭改善のチカラ

ローヤルゼリーには、体臭を改善する成分が豊富に含まれています。制汗剤やデオドランドなどでは効果のない体臭でも、ローヤルゼリーが持つ体臭改善のチカラで根本的な解決ができるのです。

ローヤルゼリーで腸内環境を整えて体臭を改善

ローヤルゼリーに含まれるグルコン酸と糖質は腸内環境を整えてくれる成分です。グルコン酸と糖質は大腸でビフィズス菌(善玉菌)の栄養源となってビフィズス菌が増えるのを助けてくれます。また、ローヤルゼリーに含まれるデセン酸やアセチルコリン(神経伝達物質)には自律神経を整えて腸内環境をよくし、便秘の予防や改善する働きがあります。

ローヤルゼリーの疲労回復効果で体臭を改善

ローヤルゼリーに含まれるビタミンB群には疲労回復効果があります。また、アスパラギン酸(アミノ酸の一種)には疲労回復効果だけではなく、肝臓でのアンモニアの排出を助け、肝臓の負担を軽くする働きがあります。
これらのローヤルゼリーの効果により、疲労が原因の内蔵機能低下を防ぎ、アンモニアや硫化水素が抑えられて体臭を改善してくれるのです。

ローヤルゼリーの自律神経を整える力でニオイのある汗の分泌を抑制

ローヤルゼリーに含まれるアセチルコリンは、ストレスで優位になった交感神経の働きを抑え、副交感神経を活発にする働きがあります。ですから、ストレスによる内蔵機能の低下やアポクリン腺からの汗の量が抑えられ、体臭が改善されていくのです。

ローヤルゼリーの抗酸化力で体臭を改善

体臭を改善するには、活性酸素の発生を抑える抗酸化物質が必要です。ローヤルゼリーには抗酸化物質のビタミンEやビオプテン(酵素の働きを助ける補酵素の一つ)が含まれているので、活性酸素と戦ってノネナール(体臭の原因物質)の発生を抑えてくれます。また、ローヤルゼリーの特有成分であるデセン酸には抗酸化作用の他に皮脂量をコントロールする効果もあり、まさに体臭の改善には最適な物質です。

まとめ

体臭は、汗に含まれた皮脂が空気に触れて酸化することにより発生します。体臭の原因には腸内環境の悪化や、疲労、ストレス、加齢などがあります。
腸内環境が悪化すると、有害物質の発生が増えて体臭の原因になります。また、慢性疲労やストレス、加齢も体臭の原因となってしまいます。
ローヤルゼリーには腸内環境を整えるグルコン酸や糖質、疲労回復効果のあるビタミンB群やアスパラギン酸、自律神経を整えるアセチルコリン、抗酸化作用のあるビタミンEやデセン酸などが含まれています。
ですから、体臭を根本的な改善するには、ローヤルゼリーが効果的です。