厳選比較!ローヤルゼリーWEB

メインイメージ

タイ産のローヤルゼリー

日本で販売さているローヤルゼリーのうち、国内産はわずか1%程度しかなく、ほとんどは海外からの輸入品です。輸入先としては中国が最も高く、タイ産のローヤルゼリーが占める割合は決して多くはありません。しかし、タイ産のローヤルゼリーは品質の高さや価格の安さから、他の産地と比べても決して劣ることはありません。
それでは、ローヤルゼリーの産地としてのタイ産の特徴やメリット・デメリットについて、説明をしていきます。

ローヤルゼリーの産地としてのタイの特徴

タイは年間を通じて温暖で、しかも気候も穏やかです。ですから、養蜂にはとても適した土地であり、世界の最高水準の養蜂環境であることが大きな特徴です。また、現地でローヤルゼリーの生産をしている日本企業もあり、品質と安全性に高い評価を得ています。

一年中気候が暖かい

タイの気候は熱帯モンスーン気候であり、一年を通して日本の7~8月頃の気候です。一番平均気温が低い時期でも25度以下になることはほとんどありません。そのため、寒さに弱いミツバチも活動しやすく、しかもいつでも何らかの花が咲いているので、1年を通して良質なローヤルゼリーを採取できるのです。

恵まれた自然環境

タイでローヤルゼリーの有名な産地は、北部にあるチェンライ周辺です。この地域は自然豊かな山岳地帯で、養蜂場の周りには工場もありません。農産物の無農薬栽培も盛んで、環境汚染の心配はほとんどありません。
ローヤルゼリーの成分はその周辺の草花の品種にも大きく左右されます。タイ北部は「ラムヤイ」という名産のフルーツの果樹園が多くあります。ラムヤイの花には天然ミネラルが豊富に含まれているので、ラムヤイの蜜から採取されたローヤルゼリーにも、高濃度のミネラル成分が含まれているのです。

タイ産のローヤルゼリーのメリット

一年を通してローヤルゼリーを生成できるタイ産のローヤルゼリーには、デセン酸の含有量が多く、高品質であるだけではなく、価格が安いというメリットがあります。

デセン酸の含有量は世界のトップクラス

デセン酸はローヤルゼリー特有の成分で、生活習慣病の予防や免疫力の向上、がん予防などに効果を発揮する物質です。
タイ産のローヤルゼリーは、デセン酸の含有量が世界のトップクラスです。ローヤルゼリーの品質はデセン酸の含有量で決まりますので、タイ産のローヤルゼリーは高品質だといえます。
なお、タイ産のローヤルゼリーの中には粗悪品もあります。購入の際には信頼できるメーカーの製品を購入すると安心です。

価格が比較的安い

タイ産のローヤルゼリーは購入価格が安いことも大きなメリットです。国産生ローヤルゼリー100グラムあたりの価格は最低でも9,000円~20,000円台はします。一方、タイ産の生ローヤルゼリーの価格は8,000円前後で購入できる製品があります。
タイ産のローヤルゼリーが安いのは、生産量と人件費の2つの理由が考えられます。タイ産のローヤルゼリーの生産量が多いのは、養蜂に適した気候であるため、通年で大量にローヤルゼリーの生産が可能だからです。また、人件費の安さも大きな要因です。
全国ローヤルゼリー公正取引協議会が定める基準をクリアしたタイ産のローヤルゼリーであれば、品質面で問題はありません。

タイ産のローヤルゼリーのデメリット

タイ産のローヤルゼリーにはデメリットもあります。それは、日本までの輸送距離が比較的長いために、どうしても鮮度が低下をしてしまうことです。また、製造業者によっては飼育環境がまちまちであることもタイ産ローヤルゼリーのデメリットです。

鮮度に不安がある

タイ産のローヤルゼリーを日本に輸入する際、中国や台湾と比べると輸送に時間がかかってしまいます。鮮度がローヤルゼリーの品質を決めますから、日本に入ってくるときにはどうしても品質が落ちてしまいます。
このデメリットを解決するために、日本で販売されているタイ産の生ローヤルゼリーは、冷凍して輸入するなどの工夫がされています。

ばらつきのある安全性

タイ産のローヤルゼリーはミツバチの飼育環境や採取方法などが製造業者によってまちまちです。日本の企業がタイで生産しているローヤルゼリーであれば、安全性について問題はないでしょう。しかし、製造業者の中には、どのような飼育環境でつくられたローヤルゼリーなのかがわからない製品もあります。
ローヤルゼリーを購入する際には、タイ産に限らず生産体制の詳細や生産地周辺の情報を調べることも大切です。

まとめ

タイは年間を通じて温暖で穏やかな気候で、自然環境にも恵まれています。養蜂にはとても適した土地で、世界の最高水準の養蜂環境であることが大きな特徴です。
一年を通してローヤルゼリーを生成できるタイ産のローヤルゼリーには、デセン酸の含有量が高く、高濃度のミネラル成分も豊富に含まれています。ですから、高品質の上に価格が安いというメリットがあります。
一方、タイ産のローヤルゼリーにはデメリットもあります。それは、日本までの輸送距離が比較的長いために鮮度が低下をしてしまうことと、製造業者によっては飼育環境がまちまちで品質や安全性にばらつきがあることです。ローヤルゼリーを購入する際には、タイ産に限らず生産体制の詳細や生産地周辺の情報を調べることも大切です。